検索
  • okazakiyeg

令和3年度 2月例会

開 催 例 会:令和3年度2月例会 成果発表会

タ イ ト ル:結束を魅せろ!成果発表会!!     

開 催 日 時:令和4年1月17日(木)19時00分~21時00分

担 当 委 員 会:研修委員会

担 当 委 員 長:小出和之 【例会内容】  本例会は、制限された活動の中、委員会メンバーで結束して本年度を振り返ることで、会員が得た学びや成長を共有し、岡崎YEGの魅力を再確認することを目的として開催をいたしました。

 内容は、1年間の委員会活動の成果をメンバーで手作りした動画に落とし込み、各委員会ならではの特色を出して発表をし、さらに、①各委員会の委員長、副委員長から担当例会・事業において得た学び、反省点②委員会が立てたスローガンに対し、今年度の委員会活動で得た学び、反省点という点を中心に研修委員会の担当メンバーによるインタビューという手法で各委員会の成果発表会を行うものです。

 今回は完全オンラインでの開催となりましたが、その中で各委員会からいただいた写真、動画等をもとに各委員会がそれぞれのカラーで発表をしていただきました。また、インタビューについては委員長を中心とした生の声で成果、反省等をいただき、委員長を中心とした各委員会がそれぞれ自己の委員会だけでなく、他の委員会の成果、反省等を共有しつつ、岡崎YEGの魅力をより感じていたくことができた例会となりました。


【委員長所感】  成果発表会として、特に他の委員会の成果発表についても興味深く聞くことができる例会にしたいと思い、本例会を設営しました。

そして、単に1年よかった、楽しかったという成果だけなく反省も十分に共有できる例会内容であること、リアル・オンラインどちらでも対応できるよう動画という手法を用いることを注力して例会つくりをしていきました。

例会の準備として、研修委員会で各委員会の担当を決めて、動画作りのアドバイス、進捗確認をしつつ、より委員会の特色を出したインタビューができるようにアテンドを決めて各委員会の特色に沿った質問や内容を検討していきました。

 設営面において、完全オンラインでの開催での設営であったため、通信状態のチェック、動画がスムーズに流れるかのテスト、タイムキープ、ハウリング対策等しっかり注意した結果、大きなアクシデントや時間オーバーもなく滞りなく例会を進めることができました。

 改善点として、動画の準備期間が短く、完成した動画の修正が編集の都合で困難であったこと、さらに素材の集まり具合や完成度から委員会によって編集の差が出てしまったこと、素材からの委員会の想いを動画に完全に反映することができなかったことがあげられ、手法として動画を使った例会の難しさを実感いたしました。

 本例会を通して、本年度の成果を振り返り、改めて岡崎YEGの魅力を感じていただけたら幸いです。













閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示