検索
  • okazakiyeg

令和4年度 6月例会

開 催 例 会:令和4年度 6月例会

タ イ ト ル:「商工会議所活動の一翼を担うべく、一致団結し行動を起こそう!」  

開 催 日 時:令和4年6月23日(木)19時00分~21時00分

担 当 委 員 会:提言委員会

担 当 委 員 長:青山健哉 【例会内容】  今後の提言活動に向けた取り組みの第一歩として、おもてなしコンテンツへの取り組みと提言活動に対する勉強の場を設けました。

 前半では、岡崎YEGがこれまでに行ってきた提言活動についての振り返りと、なぜおもてなしコンテンツに取り組むことになったのか、そして提言とどう関係があるのか、ということをお話した上で、提言委員会が考えた「おもてなしプラン」のプレゼン大会を行いました。「おもてなしプラン」は例会前の事前アンケートにて、メンバーから頂いた意見を参考にしつつ、5つの企画を考えました。プランの中には、「JAZZの街おかざき」というこの文化を広めるためにも、声だけで音楽を奏でる岡崎出身のアーティストと一緒にフェス×マルシェの企画であったり、既にある岡崎の魅力的なお店、観光地をGoogleマップを活用し「1,000feetマップ」を作成することで、岡崎の魅力を再発見できる企画であったり、どうする家康にちなんだ、戦国体験イベント「甲冑合戦」の企画であったり、地元地域の方々と交流を増やし、自社事業のPRや発展に繋げるための「岡崎YEGマルシェ」の企画であったりと多種多様なプランを発表しました。その中から、Googleフォームを使い、どのプランが1番良かったか、メンバー全体でリアルタイムで投票を行い、グランプリを決めました。

そのグランプリとなったプランは、大河ドラマ放送後の観光客増加を目指したプランであり、「(仮称)出世の街おかざき」として岡崎に来れば出世ができる!出世に関連付けた商品企画、市内の観光地やお店を記したガイドカードの作成などを企画したプランであります。

まずはこれからこのプランの実現に向けて活動していきます。

 後半では、投票によりグランプリとなったプランについて、メンバー全体で「ブラッシュアップディスカッション」を行いました。このディスカッションの時間は、「おもてなしコンテンツ」に対して、メンバー全体で取り組みたいという想い、そして、より良いプランにしたいということで設けた時間であります。更に良いプランにするためにはどうすれば良いのか、ファシリテーターの進行のもと、各委員会ごとで、意見やアイデアを出していただきました。


【委員長所感】  本例会は「提言勉強会」であり、更には「おもてなしコンテンツ」への取り組みのための例会でもあり、この例会に至るまでの委員会活動で、例会を企画していく上でこの二つの繋がりについて、様々な意見が飛び交いとても勉強になりました。その結果、まずは行動が大事だというように考え、これを達成するためには提言委員会だけでなく、岡崎YEGメンバー全体で取り組むことが重要だと思い、今回のような例会としました。提言委員会メンバーも本気でプランを企画し、各チームそれぞれがグランプリを獲るぞという勢いで取り組んでいただきました。ディスカッションでは、メンバーの皆様が前向きな姿勢で意見を出し合っていただいている印象が強く、例会後のアンケートを見ても、全体で取り組むことのできた例会となったと感じています。しかし、zoom配信の部分では音声や画面共有のトラブルがあり、オンラインでご参加いただいた方には御見苦しい部分があったと思います。投票時のGoogleフォームでも設定ミスにより、メンバーの皆様にはお手間を取らせてしまいました。このような部分があったことに関しまして、深くお詫びを申し上げると同時に、反省点として今後に活かしていきたいと思います。

 最後に、委員会メンバーをはじめとした、関係者の皆様には感謝しかありません。本当にありがとうございました。













閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示